会員向け情報

一般向け情報

宮城県作業療法士会について

その他

サイト内検索

宮城OT士会主催の研修会日程
事務所使用の日程
ブロック研修会年間予定

県学会

「第22回宮城県作業療法学会 参加登録のご案内」

 22回宮城県作業療法学会の参加登録が11月10日から開始致します。ご参加くだいますよう、宜しくお願い致します。

・対  象:宮城県作業療法士会の会員
      (日本作業療法士協会会員かつ宮城県作業療法士会の会員)
      宮城県以外の都道府県作業療法士
      (日本作業療法士協会会員かつ各都道府県の作業療法士会会員)
      学生(作業療法士養成校に所属している学生に限る)
・申込方法:参加申し込みフォームより、必要事項を記載して登録をお願い致します。
      お申込みいただいた方へは、後日サーバーへのアクセスに必要な情報をmailにて
      ご案内させていただきます。
・申込期間:202111月10日(水)~2021121日(水)
      →2021年12月10日(金)まで延長いたしました(12.1更新)
・参加費 :無料
日本作業療法士協会生涯教育制度:視聴後、指定のアンケートにご回答いただいた方へは、基礎研
 修ポイント(2ポイント)が付与されます。
・お問い合わせ先:第22回宮城県作業療法学会事務局
         仙台東脳神経外科病院 阿部千春
         Mail: skybirdie77※yahoo.co.jp(※→@に変換)
         *タイトルに「学会問い合わせ」と記載ください。
         *問い合わせには、時間をいただく場合がございます。

 

「第22回宮城県作業療法学会 ご案内」

 第22回宮城県作業療法学会のプログラムの詳細が決定致しましたのでご案内させていただきます。

1.演題発表

 (1)事例発表:河野 智哉 氏(中嶋病院)
    「重度片麻痺患者に対しチームアプローチの視点からしているADL獲得へ向けた事例」
 (2)一般演題:①佐藤 亜美 氏(仙台総合病院)
               「認知行動療法を用いた介入を通して、自己効力感の向上に繋がった症例」
           ②相澤 瑞紀 氏(石巻ロイヤル病院)
          「コロナ禍における窓ガラス越しリハ見学の導入」
           ③鈴木 宏美 氏(東北療護センター)
          「重度高次脳機能障害者に対する興味の持てるADLに特化した取り組み」
         ④田中 晴菜 氏(長町病院)
          「作業療法の魅力について考える」~臨床実習の経験が少ないまま卒業した
          新人作業療法士の実践~」
         ⑤泉谷 蒼磨 氏(エバーグリーン病院)
          「不安症状の強い認知症患者に対して安心感の充足を目指した介入実施報告」 
          ⑥葛巻 鮎美 氏(仙台整形外科病院)
          「発生時に何をしたか そして今、取り組んでいること」

2.シンポジウム 「コロナ禍における作業療法の役割と生活支援」

  (1)セッション1 地域関連
     座長:佐藤 裕之 氏(リハビリサロンPlace)
     講演:吉崎 伸一 氏(訪問看護ステーションわざケア)
        佐藤 里美 氏(仙塩総合病院)
        高橋 麻理 氏(認定NPO法人さわおとの森)
  (2)セッション2 施設、病院関連
     座長:高梨 哲 氏(総合南東北病院)
     講演:菅野 俊一郎 氏(坂総合病院)
        安達 健朗 氏(宮城県立精神医療センター)
        佐々木 海 氏(介護老人保健施設 グリーンヒルズ)

3.作業療法士を目指している学生によるワークショップ
  企画内容などに変更が生じる場合は、適宜こちら(HP)にてご案内させていただきます。
  また、参加登録も準備ができ次第、ご案内させていただきます。是非、ご参加くださいますよう
  宜しくお願い致します。

「第22回宮城県作業療法学会 ご案内」

 第22回宮城県作業療法学会のプログラムが決定致しました。
ご案内させていただいておりました、演題発表に加えてシンポジウムを2つ、作業療法を目指している学生によるワークショップを予定しております。
 是非、ご参加ください。また、詳細が決まりましたら決定次第ホームページ上でご案内申し上げます。

演題募集期間の延長、演題登録方法についてのお知らせ

  第22回宮城県作業療法学会の演題募集は、令和3年9月3日(金)正午を締め切りとしておりましたが、なるべく多くの方に発表していただくために、下記の通り演題募集期間を延長することにいたしました。皆様からのご応募お待ちしております。
 また、演題登録方法を演題募集要項にてご案内させていただいておりましたが、ダウンロードできないという不備がありました。申し訳ございませんでした。演題登録は、演題募集要項にも記載の問い合わせ先にメールにて問い合わせをいただきますよう、お願い致します。担当者より、用紙を送付させていただきます。

    演題募集締切:令和3年9月21日(火)正午

     2021演題登録DL①(フォーマット) 

「第22回宮城県作業療法学会 演題発表支援について」

 第22回宮城県作業療法学会の演題募集が開始となっております。
以前よりご案内させていただいておりました、演題発表支援についてご案内させていただきます。皆さまからのご相談、演題発表のご応募をお待ちしております。

          県学会発表支援について

12月5日〜25日開催:「第22回宮城県作業療法学会」開催案内

 第22回宮城県作業療法学会はブロック担当学会となりますので、「石巻ブロック」「宮城野若林ブロック」の実行委員を主軸に準備を進めております。皆さまの発表により、実りの多い学会となるよう、実行委員一同ご応募お待ちしております。

学会テーマ:「コロナ禍における作業療法の役割と生活支援」
開催方法 :web開催
開催期間 :令和3年12月5日(日)~12月25日(土)
学 会 長  :宮城県作業療法士会長 大黒一司 氏(東北文化学園大学)
演題募集締切:令和3年9月3日(金)正午
演題募集内容:一般演題枠として作業療法(士)に関する事例報告、実践報告、研究報告
       事例報告セッション枠として作業療法の事例報告

また、シンポジウム等の講演企画については、今後更に検討を進め、決定次第ホームページ上でご案内を申し上げます。

12月5日〜25日開催:「第22回宮城県作業療法学会 開催のお知らせ」

 第22回宮城県作業療法学会につきまして、昨年度に続きweb開催と致します。
本学会は、ブロック担当学会となりますので、「石巻ブロック」「宮城野若林ブロック」の実行委員を主軸に準備を進めております。
 皆さまの発表により、実りの多い学会となるよう、実行委員一同精一杯尽力をしたいと思います。

 学会テーマ「コロナ禍における作業療法の役割と生活支援」
 開催方法:web開催といたします
 開催期間:令和3年12月5日(日)~12月25日(土)
 学会長 :宮城県作業療法士会長 大黒一司 氏(東北文化学園大学)
 その他 :また、シンポジウム等の講演企画については、今後更に検討を進め、決定次第
      ホームページ上でご案内を申し上げます。

      12月5日〜12月25日開催:第22回宮城県作業療法学会 

第22回宮城県作業療法学会 演題募集

 第22回宮城県作業療法学会の演題を募集いたします。

    ◇事例検討
    ◇ 一般演題

 本学会は、昨年度に続きWeb配信と致しております。皆様からのご応募お待ちしております。また、参加申し込み開始は10月末を予定しております。詳細が決まり次第、ご案内させていただきます。
 宮城県作業療法士会は、学会発表を推進するために、学術部で支援させていただきます。お気軽にご相談ください。

       第22回宮城県作業療法学会 演題募集要項

       第22回宮城県作業療法学会演題発表を頂く皆様へ

理事・各部会専用ページ 
研修会の日程調整 
事務所使用表 

Copyright (C) kenshikai 2007-2012 All Rights Reserved